【症例報告】坐骨神経痛・脊柱管狭窄症(70代 男性 一般)

 

 

坐骨神経痛

before画像
after画像

初診時、重心が前方にあり、その影響も兼ねて坐骨神経痛が発症したものと考えました。

初診時と3か月後を比べてみて、前後も重心の位置に変化が生じ、症状も落ち着いてきました。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

初診時の状態

  [主訴]

歩行時痛 椅子から立ち上がる際の痛み

検査・判断

【整形外科的検査】

問診で腰痛の有無、下肢痛、しびれの有無およびその部位、範囲を確認します。前述した間欠性跛行の有無は特に大事な症状です。身体診察では下肢の筋力低下の有無、知覚障害の有無を評価、確認します。

施術法

[初回]

やや肥満体形であり、歩行時、疼痛性跛行を呈す。

体幹が右前寄り。

右股関節外旋時の痛み著名。

下肢伸展てすとにて腰部に疼痛を訴える。また、問診にて間欠性歩行を呈すと

聴き腰部脊柱管狭窄症の疑いの可能性あり。

治療はプロテック牽引療法を用いて、右梨状筋のストレッチ及び腰部椎間関節への

アプローチ。

梨状筋、大腰筋、脊柱起立筋、ハムストリングスへの手技で緩みをだす。

立位姿勢、歩行動作指導。

[2回目]

一週間後来院。疼痛(→)

治療法式は前回同様。

下部腹筋群のトレーニングを開始し、骨盤黄後傾を促す。

 

[3回目]

初診から2週間が経ち、疼痛が半分以下にまで軽減。

 

[4回目]

初診より1ヶ月が経過し、疼痛はほぼ落着いている。

初診時の体幹の左右アンバランスが中心線に寄り、前後のバランス

も整いつつある。

 

[5回目]

今回より、骨盤の調節にはいる。

疼痛はほぼなくなってきている模様。

間欠性歩行も少なくなってきているとのこと。

 

[6回目]

前回同様手技。

これからは再発予防のためストレッチ、トレーニングを継続していく。

 

経過・施術者コメント

[8回目]

初診より2ヶ月が経過し写真検査を行い、初診時のバランスの乱れがほぼ改善

出来ている状態にまで回復。

次回より、期間をあけ経過観察を行っていく予定。

今後も姿勢の乱れに気を付けて、良い状態を続けていけるといいです。

お客様の声

知人に教えてあげたい!

お客様写真
アンケート用紙

Q.骨格矯正を受ける前、どの様な症状でお悩みでしたか?

歩行がきつい状況でした。

Q.当院の骨格矯正を受けた後のご感想をお聞かせ下さい。

歩行が楽になりました!

Q.同じような症状で困っている方へアドバイスをお願いします。

知人に教えてあげたいです!

新宿区西早稲田在住 S.K 様 70代男性 会社員

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

 ★初診料無料キャンペーン★

初回割引キャンペーン

★今だけ限定!HP割引キャンペーン★

初診姿勢検査料(1800円)が無料で受けて頂けます!

「ホームページを見て」と、ご予約ください。

※HP割引キャンペーンは予約時が対象となります。ご予約がない方は対称となりません。また、簡単な口コミ投稿をお願い致します。

※キャンペーンは予告なく終了する事がございまのでお早めにご連絡ください。

安心の返金保証制度

電話番号 03-6380-2715

LINEで予約

院情報

● 郵便番号:169-0051

● 住所:新宿区西早稲田2-10-22-1階

● 電話:03‐6380‐2715

● 駐車場:当院の目の前に有料路上駐車があります。(1時間300円)

● JR高田場駅より徒歩15分

● 副都心線西早稲田より徒歩9分

●メトロ東西線高田馬場・早稲田より徒歩12分

●都電荒川線面影橋より徒歩8分

早稲田通り沿い、「スーパー三徳」向い。

最下部の Googleマップ を拡大し詳しく確認できます。

腰部脊柱管狭窄症について詳しくはこちら

腰部脊柱管狭窄症