表情筋トレーニング

  • まぶたが下がってきてアイメイクがしずらい
  • 太ってないのに二重あごが解消されない
  • 目を見開くとおでこに横じわだらけ
  • ほうれい線がクッキリ、口元がへの字

そもそも「表情筋」とは

顔の中の目や口などを動かす時に使う筋肉で、30種以上ありそれぞれが作用し、複雑な表情を作り出します。

喜怒哀楽などの表情を作り出す事から、「表情筋」といわれます。表情を作り出す他、目や鼻の開閉、口で喋る、食べる、飲む、吹く、などの運動にも関わっています。

体の筋肉は骨と骨をつないでいますが、顔の筋肉は骨と皮膚に繋がっているため細かい表情を作り出すことができるのです。神経は顔面神経の支配を受けます。

控え目といわれる日本人、表情筋は日常生活で約20%程度しか使っておらず、無表情で筋肉を使っていなかったり、加齢などによる原因で衰え、衰えた表情筋はハリを失っていき、たるみやシワの原因になります。

たるみから、毛穴も広がり、目立つようになります。これがいわゆる「たるみ毛穴」といわれるものです。

また、外国語を話される方は、普段の日本語の発音ではない口の形や声の出し方をされるので、使われる筋肉が通常より多いと思われます。

 

一般的なサロンでの対処法

一般的にフェイシャルというと、

スチーマーで温めながら毛穴を開かせお肌の汚れを落とし、化粧水などで保湿し、オイルやクリームで皮膚を引き上げるようにリフトアップマッサージをします。その後、パックでお肌に潤いを与えながら休めます。

気になるポイントに合わせて、毛穴の汚れを吸引したり、しみやしわの改善に適した器具や化粧品を使ってケアします。

近年では、そのリフトアップマッサージで皮膚を引き上げ伸ばしていることから、後々たるみにつながると、言われるようになり、引き上げをやらない手法のサロンも多くなりました。

 

当院での「表情筋」に対するアプローチ

ピリピリとした心地よい電気刺激で、

固まった筋肉を深い層までほぐし、

たるんだ筋肉をしっかり鍛え、

フェイスラインをシャープに引き上げます。

終わった後は、目元や口元を始め、顔の軽さが感じられ、

むくみが取れて引き締まりを実感できます。

動画をご覧ください。

グイグイと筋肉を引き上げているのがご覧いただけます。

表情筋トレーニング(フェイシャル)

30分 3,888円

3Dメディカルウェーブでたるんだ筋肉に奥深くまでしっかりアプローチします。