【症例報告】内側側副靭帯損傷(20代 男性 学生)

 

 

初診時の状態

 【主訴】

トランポリンの練習中、着地に失敗し左膝関節部に内旋・外反の力が加わり負傷。

圧痛及び歩行時痛著名

検査・判断

【整形外科的検査】・【患部の状態】

皮下出血軽度・外反ストレステストにより疼痛。

軽度の側方動揺性を認めた。

マクマレーテストの際にクリック音及び疼痛出現が認められないため、内側半月板損傷は

併発していないと判断。

施術法

軽度な内側側副靭帯の単独損傷と判断し、初回はハイボルテージ療法・テーピング固定

を施した。

松葉杖を使用した歩行を指導し、始めの2週間は週2回の通院と安静を心がけさせる。

[2回目]

3日後に来院され、皮下出血及び腫脹はより軽度になっていた。

前回同様にハイボルテージ療法とテーピング固定を施行。

[3回目]

初診から1週間が経ち、疼痛が半分以下にまで軽減。

歩行時痛はなくなってきたが、階段昇降動作にていまだ疼痛出現。

今回より、微弱電流療法に切り替え、組織の修復を目的としていく。

[4回目]

初診より2週間が経過し、疼痛はほぼ落着いている。

治療内容は変更せずに来院期間を伸ばし経過観察を図る。

次回来院より下肢帯のトレーニングを含めていく。

現在も治療継続中。

[5回目]

疼痛(→)

椅子からの立ち上がり動作でやや疼痛有り。

足の運び方及び方向を修正するための運動療法開始

経過・施術者コメント

[6回目~8回目]

多少のジャンプやジョギングであれば疼痛なく可能。

四頭筋、殿筋を強化のためスクワット運動開始。

次回より2週間後に来院してもらい様子をみる。

現在経過観察中。

トレーニングをしっかりと行ってもらい、思いっきりトランポリンの練習に励んでもらいたいです。

初回割引キャンペーン

安心の返金保証制度

電話番号 03-6380-2715

LINEで予約

院情報

● 郵便番号:169-0051

● 住所:新宿区西早稲田2-10-22-1階

● 電話:03‐6380‐2715

● 駐車場:当院の目の前に有料路上駐車があります。(1時間300円)

● JR高田場駅より徒歩15分

● 副都心線西早稲田より徒歩9分

●メトロ東西線高田馬場・早稲田より徒歩12分

●都電荒川線面影橋より徒歩8分

早稲田通り沿い、「スーパー三徳」向い。

最下部の Googleマップ を拡大し詳しく確認できます。

膝について詳しくはこちら