【症例報告】坐骨神経痛(50代 男性 会社員)

 

 

ヘルニア持ちで腰痛

before画像
after画像

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

初診時の状態

【主訴】
左殿部~左大腿部にかけての痛み

検査・判断

【整形外科的検査】
腹臥位での外旋ストレステスト(+)
【患部の状態】
歩行時痛(+)

施術法

(初診)
初診時、座位姿勢にて疼痛出現。殿部に著しい疼痛を認めるためやや跛行を呈す。
左大腿部に痺れは認めず、疼痛は著名。また外旋位にて中殿筋に収縮ストレスを
加えたところ疼痛出現。また骨盤の前傾があり下部腹筋群の弱化を認める。症
出現範囲と外旋ストレステスト陽性のため左坐骨神経痛と判断。
疼痛軽減を目的とした物理療法及び歩行動作の修正を施行した。
(2回目)
疼痛(→) 物理療法と手技療法、歩行修正指導を施す
(3回目)
PAIN SCALE 6/10 まで軽減
(4回目)
跛行を呈していたが、正常に近いところまで改善
自宅での股関節内旋にて中殿筋ストレッチを指導。
PAIN SCALE 5/10
(5回目~8回目)
疼痛が増幅することなく落ち着いている。
施術は物理療法及び手技療法、歩行動作の確認指導。
(9回目)
骨盤前傾位の影響か腰椎伸展が強く腰部痛認める。
上記のセルフケアに加え下部腹筋トレーニングを指導し経過観察。

経過・施術者コメント

(10回目)
1週間後に来院。腰部痛は落ち着きを取り戻す。
PAIN SCALE 2/10
半年を経過したところで坐骨神経痛の疼痛(↓)
正常な歩行を取り戻すところまで回復。
左股関節外旋ストレス(-)
殿筋群及びハムストリングスのスパズムを生まないよう手技や物理
療法、そして運動療法を用いて現在経過を追っています。
徐々に疼痛が減っているので再発さえ気をつけてください。
普段、歩行距離の多い仕事をしている。
また、月2回程のペースで接待ゴルフをしている。
患部の疼痛軽減まで約1ヶ月。
現在は疼痛再発予防及び歩行動作の改善を含めたメンテナンス治療中。

お客様の声

坐骨神経痛が矯正で治りました!

アンケート用紙

Q.骨格矯正を受ける前、どの様な症状でお悩みでしたか?

臀部の痛み 坐骨神経痛

Q.当院の骨格矯正を受けた後のご感想をお聞かせ下さい。

坐骨神経の痛みや腰、膝の痛みがなくなりました。

正しい姿勢になるまでに時間が必要だと改めて分かりました。

Q.同じような症状で困っている方へアドバイスをお願いします。

日常の姿勢や歩行動作への意識が広がり、気を付けるようになりました。

新宿区在住 髙﨑 一征 様 50代男性 会社員

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

 ★初診料無料キャンペーン★

初回割引キャンペーン

★今だけ限定!HP割引キャンペーン★

初診姿勢検査料(1800円)が無料で受けて頂けます!

「ホームページを見て」と、ご予約ください。

※HP割引キャンペーンは予約時が対象となります。ご予約がない方は対称となりません。また、簡単な口コミ投稿をお願い致します。

※キャンペーンは予告なく終了する事がございまのでお早めにご連絡ください。

安心の返金保証制度

電話番号 03-6380-2715

LINEで予約

院情報

● 郵便番号:169-0051

● 住所:新宿区西早稲田2-10-22-1階

● 電話:03‐6380‐2715

● 駐車場:当院の目の前に有料路上駐車があります。(1時間300円)

● JR高田場駅より徒歩15分

● 副都心線西早稲田より徒歩9分

●メトロ東西線高田馬場・早稲田より徒歩12分

●都電荒川線面影橋より徒歩8分

早稲田通り沿い、「スーパー三徳」向い。

最下部の Googleマップ を拡大し詳しく確認できます。

神経痛(坐骨神経痛)について詳しくはこちら

神経痛(坐骨神経痛)